骨密度の低下を防ぐ

年齢と共に骨密度が低下します。骨密度の低下を防ぐには、タンパク質やカルシウムを食事でしっかり摂ることや、運動、適度な日光浴が大切だと言われています。

ウォーキングなどの運動が大変な方は、かかとをトントンと軽く床を叩いて足に刺激をあげてください(もちろん痛みの出ない範囲で行ってくださいね)刺激されることで骨が丈夫になります。

関連記事

  1. 退院後の介護用ベッドの選定

  2. 胸の筋肉のストレッチ

  3. ラジオ体操

  4. 患者様の施術を行う練習

  5. 膝タッチ体操

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP