四十肩・五十肩の予防

一日に1回は、腕を肩より高く挙げると、四十肩・五十肩の予防になります。

字を書いたり、食事をしたりと、日常生活の中では腕が肩より下にあるとことが多いですよね。普段から肩関節をあまり動かさない、同じ姿勢を長時間取り続けることなどが、四十肩・五十肩の共通点です。

四十肩・五十肩とは、発症した年代によって呼び方が異なるだけで、どちらも同じ肩関節周囲炎と言う病気です。

中年以降に痛みが襲う病気と思われていますが、実際には年々低年齢化しており、20代、30代でも40肩を発症しています。

関連記事

  1. ぎっくり腰の予防

  2. 寒暖差への対応

  3. 筋膜リリース

  4. 散歩

  5. エコノミー症候群予防

  6. 指体操

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP