にぎるっ茶

今日は、スリーケアで試験的に利用させてもらうことになった「にぎるっ茶」という福祉用具を紹介します。

「にぎるっ茶」は、脳梗塞後遺症等による拘縮手の方向けに開発された、お茶と遠州綿紬を使った、サポータータイプの握り袋です。

拘縮手の方は、指と指の間が不衛生になりやすく、においも発生しやすいです。このサポーターには、お茶とほうじ茶を混ぜたディーパックが入っていて、気になるにおいも予防してくれるそうです。

関連記事

  1. 寒さ対策

  2. 患者様の施術を行う練習

  3. 散歩

  4. 車椅子ワンポイントアドバイス

  5. 桜の木

  6. レクレーション

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP