低温やけど

訪問している患者様の中で湯たんぽにより低温火傷をしてしまった方がいらっしゃいました。

ここ最近、急に寒くなり湯たんぽや電気あんか・使い捨てカイロを使う方も増えてきていると思います。

就寝時に湯たんぽや電気あんかが足に触れたまま眠ってしまうと翌朝水ぶくれができてしまうことがあります。特に足は他の部位に比べ知覚が鈍く、皮膚のすぐ下には骨がある事から血管が圧迫されやすく身体の熱を分散できず低温火傷になりやすいのです。厚手のタオルや湯たんぽ袋などに包んでも低温火傷になる恐れはありますので十分気を付けて下さい!!

安心な使い方としては就寝前に湯たんぽや電気あんかを入れ就寝時に布団から出すと安全ですよ(´꒳`)✨

関連記事

  1. 冬至

  2. 自律神経失調症

  3. ハナミズキ

  4. リンパを使っての疲労チェック

  5. 夏バテを防ぐ水分補給

  6. ドリンクサーバー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP