寒暖差疲労を解消するストレッチ

ここ最近、気温の寒暖差が大きいことにより、自律神経の機能が乱れ体が疲れてしまい不調を訴えられる方が多くいるようです。これを『寒暖差疲労』と言います!

〈寒暖差疲労の主な症状〉
•肩こり、腰痛、頭痛
•めまい、不眠
•食欲不信、便秘、下痢
•イライラ、気分の変化
•冷え、むくみ
これらの症状を解消する簡単なストレッチを紹介します🙌🏻✨

まず、タオルを用意し、頭を斜め上に倒し、タオルで支えるように引っ張りながら30秒キープします。

次に、頭を戻し、下を向いて引っ張る。頭を下に向け30秒。
1日何回と回数を決めずに気づいた時に行ってみてください!

関連記事

  1. 自律神経失調症

  2. 零道

  3. 骨密度の低下を防ぐ

  4. 筋膜リリース

  5. キンモクセイ

  6. 紅葉の季節

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP