車椅子ワンポイントアドバイス

車椅子ワンポイントアドバイスをご紹介します。

車椅子を停車する時に、少し後退させて、小さいタイヤ(キャスタと言います)を前側に持っていくことで、後輪の大きいタイヤとの距離が広がり、安定性が高まります。

車椅子の事故で良くあるのが、フットサポートという足を乗せる所に誤って立ってしまい、車椅子ごと前に転倒してし怪我をしてしまうことです。
キャスタを前に持っていくという一手間を加えることで、そういった事故を未然に防ぐことができます。

関連記事

  1. 足三里

  2. 熱中症に注意

  3. 八風

  4. しゃっくりを止めるツボ

  5. 足の筋力維持運動

  6. 脱水症について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP