車椅子ワンポイントアドバイス

車椅子ワンポイントアドバイスをご紹介します。

車椅子を停車する時に、少し後退させて、小さいタイヤ(キャスタと言います)を前側に持っていくことで、後輪の大きいタイヤとの距離が広がり、安定性が高まります。

車椅子の事故で良くあるのが、フットサポートという足を乗せる所に誤って立ってしまい、車椅子ごと前に転倒してし怪我をしてしまうことです。
キャスタを前に持っていくという一手間を加えることで、そういった事故を未然に防ぐことができます。

関連記事

  1. 股関節の運動

  2. 国際福祉機器展について

  3. 運転の練習

  4. 足の指で《グー・チョキ・パー》

  5. 寒暖差疲労を解消するストレッチ

  6. 車椅子の移動や注意事項の確認

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP