合谷

何かと体調を崩しやすいこの時期、風邪予防にも効果があると言われる合谷(ごうこく)というツボを紹介します。
合谷(ごうこく)は全身に365個ある経穴の中でも、最も脳に刺激が伝わりやすい経穴だと言われています。
血流試験によっても、右手の合谷(ごうこく)を刺激すると左脳の血流、左手の合谷(ごうこく)を刺激すると右脳の血流が活発になることが明らかになっています。ちなみに左手の合谷(ごうこく)は膀胱機能、右手の合谷(ごうこく)は副腎機能と深い関わりがあるとも言われています。
ツボの取り方を紹介します。
①親指と人差し指の骨が交わる場所を把握する。
②①から少し前(指先側)にある凹みに合谷を取る。
③人差し指側に押すと痛み・気持ち良さが出やすい。(親指で押すと良い)
手軽に押せるツボになりますので、ぜひ行ってみてください。

関連記事

  1. 上手く立ち上がるためのポイント

  2. エコノミー症候群の予防運動

  3. 立ち上がりの筋力維持・向上

  4. 上肢のストレッチメニュー

  5. 日光浴

  6. 収納に便利な歩行器

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP