冷たい飲み物

暑くなると、自然と冷たい飲み物を摂る機会が増えますよね。1日を振り返ってみると「冷たい飲み物ばかり飲んでいたな」という時もあるかと思います。
 暑い季節は体も熱を持つため、体も口も冷たいものを欲しがります。しかし、冷たい飲み物を一気飲みする習慣は、実は夏バテの原因になりやすいです。
 夏バテと聞くと暑さが原因と思われがちですが、【内臓の冷え】も引き金の一つです。冷えた飲み物を摂りすぎれば、内臓はどんどん冷えていき、血流が悪化します。すると、胃腸の働きが悪くなり、食欲も低下します。その結果、体は栄養も水分も不足した状態になり、「疲れが抜けない」「体がだるい」「食欲がわかない」など、夏バテ状態から抜け出せなくなります。
 「何となく調子が悪いな」と感じたら、冷たい物を飲みすぎていないか、あるいは一気飲みやがぶ飲みが癖になっていないか、【飲み方】を見直してみてください。

関連記事

  1. 患者様の施術を行う練習

  2. 四十肩・五十肩の予防

  3. 車椅子ワンポイントアドバイス

  4. 車椅子の使い方②

  5. 足の筋力維持運動

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP