エアコン

寝ている時に、暑くて目を覚ましてしまうことはありませんか?
私も以前は寝る時はエアコンを消して、汗びっしょりになっていましたが、最近は昔と暑さが違いますから、エアコンをつけて寝るようにしています。
28℃を超えると夜間熱中症のリスクが高まるため、寝苦しい夜は28℃以下でエアコンを一晩中つけておくとよいそうです。タイマーを使うと、切れた後に室温が上がって目が覚めてしまい、睡眠の質が低下するそうです。

エアコンを使いたくないという方の多くが、次の日の体のだるさが理由ではないでしょうか?エアコンをつけっぱなしにして寝ると、体がだるくなる理由は「寝冷え」です。これを回避するには、半袖よりも長袖・長ズボンのパジャマを着用し、その服装でちょうどよい温度に設定するのがポイントです。身体まわりの空間の温湿度が安定するので、快眠につながるそうです。

夜間熱中症を防ぐためにも、エアコンの上手な活用を取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 長田の桃

  2. 猫のポーズ

  3. 新しい仲間

  4. 手三里

  5. 骨密度の低下を防ぐ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP