爪の色で疑われる病気

今日のブログでは、爪の色で疑われる病気の代表例をお伝えします。
•白い爪:鉄欠乏症貧血や低色素性貧血の疑い。
•白濁した爪:肝硬変や腎不全、糖尿病などの疑い。
•黄色い爪:爪水虫や感染症など。リンパ系の病気や新陳代謝低下の場合もある。

爪の色や形などチェックすることで、病気の早期発見につながることもあります。普段じっくり見る機会の少ない爪ですが、意識してチェックする習慣をつけることも大切です。そして、もし気になる症状があったら自己判断せずに、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

関連記事

  1. ふくらはぎのセルフケアマッサージ

  2. 低温やけど

  3. 東京オリンピック

  4. 施術の記録方法

  5. 中脘

  6. 節分

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP