爪への過剰な力

巻き爪は主に①間違った爪切り②爪への過剰な力③指に力がかからない状態が長く続くことなどが原因です。

今週は②の爪への過剰力についてお伝えします。
「爪への過剰な力」がかかるのは、「外反母趾(し)がある場合」や「足の形に合わない靴を履いている場合」などです。歩行時、地面からの力が親指に加わるだけでなく、人差し指によって上からも押されるなど、足の指に過剰な力が加わるため、親指の爪がまっすぐ伸びることができず、巻き爪になります。
一方、膝が内側に入って歩く癖がある人も、親指に横から過剰な力が加わるため、これも巻き爪につながってしまうのです。
最近は、足への負担を考え、職場のパンプスやヒールの強制をやめる企業も増えているようです。

関連記事

  1. シルバーカーと歩行器の違い

  2. お灸

  3. 転倒予防体操のタオルギャザー

  4. 車椅子の移動や注意事項の確認

  5. 足の浮腫

  6. 脱水症について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP