巻き爪を予防する正しい歩き方

巻き爪を予防する正しい歩き方をご紹介します。
1.つま先が正面に向くようにまっすぐ足を出します。
2.踵から着地して、重心は足裏全体にかけます。
3.上半身が前に出たら、小指に重心をのせ、そして反対側の足が地面につくときには、重心は親指側に移動します。
4.最後は親指をしっかり押し出します。

ポイント!
●頭のてっぺんが、糸で引き上げられているようなイメージで行うと姿勢が良くなります。
●腕を後ろにしっかり振ることを意識します。

関連記事

  1. 車椅子の移動や注意事項の確認

  2. 歩く姿勢を良くする体操

  3. 爪への過剰な力

  4. ラジオ体操

  5. 目の疲れの改善

  6. ファンクショナルリーチ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP