深呼吸

コロナ感染者数は夏場より減っていますが、まだマスクを外せない日々が続いていますね。マスク生活が続いて、呼吸が浅い口呼吸になっている人が増えています。
口も鼻もマスクでおおわれていると、どうしても息が浅くなり大きく息を吸うことができない状態が続き、それが習慣となってマスクをはずしても浅い呼吸が続くことが体の不調につながっていることも多いです。
呼吸とは鼻から大きく吸い込んだ息が全身の隅々にまで届くことで、体がリラックスし、自律神経の乱れもなくなり、体のバランスも整います。
マスク生活はまだ続きそうですが、日々のくらしの中に深呼吸を意識してみてください。

関連記事

  1. マフラーの暖かい巻き方

  2. シルバーカーと歩行器の違い

  3. 転倒予防体操のタオルギャザー

  4. 弾性包帯

  5. 酔芙蓉

  6. エコノミー症候群予防

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP