叩打法

今日は、叩打法について紹介します。
マッサージで行われる手技のひとつで、手を使って対象部位をリズミカルにたたきます。叩打法は、神経や筋肉に刺激を与え、その働きをよくする目的で行われます。受け手にとって心地よいと感じられるリズム、刺激の強さであることが大切です。
叩打法にはいくつか種類があり、こぶしでたたく拳打法(けんだほう)、手をひらき手刀を切るようにして小指側でたたく切打法(せつだほう)、手をおわん型にして空気を含ませるようにしポコポコとたたく拍打法(はくだほう)、開いた両手のひらをあわせ合掌した状態の小指側でたたく合掌打(がっしょうだ)などがあります。
写真は、拍打法を行う時の手の形になります。

関連記事

  1. 立ち上がりの筋力維持・向上

  2. トイレ内の介助バー

  3. 鼻詰まり解消のツボ

  4. サンバイザー

  5. にぎるっ茶

  6. 新しい仲間

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP